Home > 社長コラム (Page 2)

インターネットの進化 テレビを床の間の飾り物にしないため 何をどうする するとどうなる

私事ですが2月1日に県立がんセンターに入院しました。3日に前立腺の摘出手術、11日に退院、21日迄自宅リハビリ。22日待望の下田復帰となりました。 ①仕事・業務について 共有の業務連絡、打合せ、相談 残念ながら顔と顔(フェイスtoフェイス)は合わせる事は出来なくても「文字・画像・映像」のやり取りをする事で仕事が順調に進展、且つ全員に連絡相談はスマホのLINEなどをフル活用。 居ない方が良いのかなあ?なんて思うほど“ほうれんそう(報告・連絡・相談)”凄い威力のインターネット環境を実感しました。 ②2月17日には私、リタイア―中でしたが弊社3名東京へ「NTTプララとJCCの放送コラボレーション」について両者より説明、ひかりケーブルでインターネット利用をしてそこへテレビ映像を絡ませて、・・・の話。 安くて便利が なかなか無いので技術の進化だけを取りあえず確認しておいて、次に 「まち・ひと・しごと」日本創成の地域づくりにどう使えば良いか? 西伊豆町・松崎町そして南伊豆町と行政によるひかりケーブル敷設計画が進むにしたがって利活用の幅が広がって見えてきます。 ③入院当事者で感じたこと ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術という前立腺摘出手術は、1990年代に米国で開発され、1999年よりIntuitive Surgical社から臨床用機器として販売されているそうです。1~2cmの小さな創より内視鏡カメラとロボットアームを挿入し、高度な内視鏡手術なのです。術者は3Dモニター画面を見ながらあたかも術野に手を入れているようにロボットアームを操作して手術を行います。 2015年9月末現在で世界では3,473台 日本では200台設置されてるとの事。 ここにもカメラの進化、ロボットの進化が有るんですよね。それにしても前立腺の病気って戦前は無かったらしい、お医者さんに聞いたら病気になる年齢だと皆寿命で死んでたみたい、2020年の患者数8万人とか、これは保険の負担も大きいものになるなあ?  ④システムの進化 (病院) たしかに、がん専門と言う事が有るかもしれないけれど手術前1/25に検査、 朝8時半=血液検査 後=心電図計測 後=肺活量等呼吸検査 終了後=医師の問診・・問題なく 次に入院手続き併せて入院時の詳細説明 書類確認等終えて 会計 そして支払い。 済ませた時・3時間後 11階で昼ご飯食べて自宅に戻る。会計の所には30分以上お呼びがかからない場合は言ってくださいと書かれている。会計機は4台しかないのに渋滞しない これを見ているともうすぐ病院と病院の間でのデータやり取りから、病院と患者の間でのやり取りもデジタル時代で サッと行くんだろうなあ?・感想・ こんな時代です、これから当社、ネット関連のワンポイントレッスン(番組2分から5分)を毎日放映することで馴染んでいただく時間作りをしていきます。 今後とも宜しくお願いします。 平成28年3月1日 渡辺良平

Read More

避難路(防災&観光)足で確認、スマートフォンはスゴイ

下田公園を入口から黒船祭会場広場経由で鵜島城てっぺん迄、下田市旧町内から・海中水族館から公園頂上、大浦から遊歩道経由で、海上保安庁脇からも。 また 下田駅から道の駅に向かい、橋を渡り本郷の町並みを下に見ながら寝姿山を山腹途中まで、コースを代えて街中から岩下経由で敷根グランド・・。はたまた爪木崎須崎の水仙祭り会場近傍、連休時は弓ヶ浜を二日がかりで回りました。 では驚いた数々の話です。 「万歩計」の無料アプリを入れてあります1月の平均ほぼ1日に2時間でした。 時速4.6kmで12,000歩位でした。(私の歩幅、ほぼ70㎝ 最高例は畑もあり) 最高例「17,411歩」歩きました。距離12.187km、時速4.1km、時間2時間59分47秒、697.7kcalが消費カロリーです。とデータが出ます。そして何時から何時までどう歩いたかグラフも(縦が歩数、横が時刻)出ます。 有料で万歩計入れて活用してる社員(島崎君)がいます。「通ってきた道の地図経路、アップダウンの図と数字、地点地点の標高など関連データがプラス。」 とても便利で凄いですが私には無料の仕組みで現在充分と指導を受けている。 でも所詮機械、足踏みしても、体をゆすっても歩数計算しますので距離を測るには要注意、(健康保持には歩数計頼りでなく、体調自分管理を願います。)。 このスマホをポケットに各所を廻り気付きました。観光地には、本当に主要な所には標高が電柱に記載されています。岩下区、須崎区では区で標高表示をしていました。しかし、殊に下田市ではここはどのくらいの高さかなあ?と思うところには記載表示が有りません。弓ヶ浜隣接の逢の浜住宅地奥は17.3m表示が有り、住民やひょっと目にする場所への配慮が大切じゃ無いのかなあ、それが親切というもの、避難路案内、高さ案内は。観光&生活のためにも。 スマホに話を戻します。 私のスマホには〝ご存じ“ウエルかもが入っています。ですから各種賀茂地域情報が見れますが、今日はその話ではない。ウエルかもをクリックすると画面下段に防災情報のコマがあり、その隣に避難所検索が有ります。これが優れものです。ここをクリックすると実はグーグルの地図が出ます。この地図には避難所関係の各種ピンが記載されていますが、避難所の検索画面で右上の再検索ボタンをクリックしますと画面下に①現在地から再検索 ②地図の中心から再検索と二つの表示が出ます。 そして検索すると右下に標高が2.0mとか25.2mとか表示されます(地図の中心とは見ている地図画面のまんなか。)。 且つ右上円形のマップ文字の所クリックすると標準以外に国土地理院マップ4種類があり、オルソ画像をクリックすると空中写真で確認することが出来ます。 私ども提供「ウエルかも」の周辺にはこんな便利機能御仲間がついています。 これはもう住んでいる人、お見えになる人 誰でもいつでも上手に使っていただいて 安心安全の構築を普段生活で味わっていただける時が来ました。 こんな時代です、これから小林テレビKTV12chではネット関連のワンポイントレッスン(番組2分から5分)を毎日放映して馴染んでいただく時間作りをしていきます。 今後とも宜しくお願いします。 平成28年2月1日 渡辺良平

Read More

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしく お願い申し上げます。 昨年、スマートフォンアプリケーション「ウエルかも」を起動させました。 これにより万が一の時の情報は有線でなく、無線で行うことが出来ます。 勿論、テレビのDATA放送では「ウエルかも」の内容のすべてがご覧いただけます。 DATA(データ)放送自体がアナログ時代には無かった事でしたが、デジタルになり,Dボタン(データボタン)を押すと文字と画像で情報が出てきます。 ようやくモデルチェンジが出来ましてテレビDATA(データ)放送では先ず天気・気象の情報注意報です。台風予報から地震土砂災害 有っては困るのですがお天気の横、警報注意報の枠は発令されると掲載されますが、それとは別に地震・津波・大雨洪水土砂災害・火災の警報と案内、伴う避難勧告は「データ放送を見えるようにしておくとテレビ画面が赤くなります(20分間)。」12チャンネルで番組の方を見ていると番組が赤い画面に代わり緊急情報として同じように警報と伴う避難勧告画面が出ます。万が一の停電や有線の切断で伝わらない場合 そこを補うために無線・スマートフォンで「ウエルかも」を起動したわけです。 ガラケーをおろぬいたわけでは有りませんがシステムの都合上、ガラケーでは 対応が出来ません。最終項にスマホ説明参考を掲載しました。 県・海保・警察・消防・市町のお知らせはDATA放送で! モチロン市町の同報無線のアナウンスはテレビDATA放送とスマホウエルかもに文字情報で残ります。聞き逃してもOKです。 伊豆急・東海バス・神新汽船の運行も随時両方で確認が出来ます。 賀茂地域の一次救急当番医と全病院の名称・住所・電話番号一覧も表示されています。 12チャンネルの番組表はDATA放送こばちゃん情報局で、ウエルかもでは番組案内。 加えて伊豆の海の定点カメラ5カ所、主要道路10カ所 ご覧いただけます。 雨量の情報は賀茂地区15カ所 10分間雨量・60分雨量・継続雨量の3点。 河川の水位測定情報は賀茂地区 8か所がテレビDATA放送とウエルかもで。これが万が一の災害危険発生時には各種案内として流すことが出来る様に なってきました。 新しい年が始まります、海水浴シーズンが参りますと遊泳禁止、遊泳可能を沢山の海が有ることをお知らせするとともに的確にご案内しようと昨年、関係部門の方々よりご指導を戴きましてスタートします。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 ※参考 2014年の時点で日本国内の携帯・スマホの普及台数は、1億4413万台、113.4%となっています。その中で、スマートフォンの普及台数は約5,700万台で全体の47%ほどとなっています。しかし、スマホの普及率は現在も増加傾向にあり、2019年には契約台数が1億台を超える予想も出されています。(スマホを使うユーザーが若者中心から、40代・50代まで徐々に浸透していっているのと、今後新規契約する10代のユーザーのほとんどがスマホを選ぶ事も予想されていて、仕事用からプライベート用まで幅広いジャンルにおいて、スマホの普及率は高まっていくと予想されています。) 平成28年1月1日         代表取締役 渡辺良平

Read More

かず(数)の力 報道の力 でも 落ち着こう 賀茂地域

私共も、自主放送をデジタルで送ることが出来ました。(5年前3月弊社記事) 不十分では有りますが2,000軒の視聴者の方に設定案内を個別直接させて戴きました。リモコンの操作が判らない・・当たり前です、今まで電源入れればテレビは映る。番組代える時はカチャっと、音が大きいときはつまみをひとひねりでした。テレビを見るにも一苦労の時代です。そんな御報告から、パソコンで映像が見られて、次には携帯電話でもテレビの代わりをする時代、ケーブル線がなくても無線で映る時代になりました。目まぐるしい変化、成長をして放送と通信は地球を丸呑みにして境を、国境を無くしてしまいました。等が5年前のご案内でした。まさにデジタルが身近になった5年前12月の番組表の話。 今は国を挙げて「まち・ひと・しごと・創成。」一色です、地方の衰退を予測して東京一極集中を分散しよう、人口減少を食い止めよう。4年前には3.11で高台に無くてはすべてなくなる議論、今度は創成申請なくしては、町は見放す。 極端から極端の伝わり方でどうしても落ち着く事がむずかしい。これも放送や通信、伝達手段が進化した証かもしれません。 下田では市庁舎高台?現在地?敷根民有地?、住民反対署名運動9500?市当局は本件含め10数箇所の地区での行政説明会。少しも落ち着かない昨今12月は下田市も南伊豆町も議会が開催されます。両市町共に長い海岸線と豊かな海をもって居ますが今、防災の観点から防潮堤の提案が国などから試案がなされ始めています。ここでまた右と左の議論、声の大きいものの勝ち?身内の多い者の多数決?。複雑に絡んだ混乱は避けたいですね。 例えば下田市庁舎今月12月議会で説明と質疑が広く深く展開されると思います。予算の事で後世に負担をかけない?町の真ん中に有ると良い?防災や観光も視野に入れて?と一杯言う事は有ろうかと思いますが落ち着いて一つずつが進んで行かれることを望みたいですね。 防潮堤の計画にしても大きな防潮堤を過信して災害被害を大きくした事例を私たちはいくつも眼にしてきた訳です。文化や歴史、地形や生活 地元の事は東京ではわからない。しっかりと腰を据えて地元を見つめて、地元を大切にしたいですね。こういう言い方をしますと反対派だと白黒表現が始まります。 弓ヶ浜を例にとると防潮堤を作れば、青野川に水門を作らないと遡上する水力で大変、よって水門も。ならば今の侭、避難路充実してウオーキング・ハイキングコース・里山整備用道路兼用。避難タワー数量充実して休息所としての普段使い・災害時使いとの二刀流。「まち・ひと・しごと・創成。」の仕組みに絡めて全力尽くして道を拓きたいですね。 どうぞご健勝に過ごされて良いお年をお迎えください、今後ともご支援ご指導を宜しくお願い申しあげます。 平成27年12月1日         代表取締役 渡辺良平

Read More

今をどうする これからをどうする

昨年9月 下田市では市民に対して「市庁舎建設について。」パブリックコメントを求めています。いろんな意見がある事は大いに宜しい事で 議論を尽くす事は大切であろうと思いますが、情報インフラ整備について急速に変わる環境の提言をさせていただきました。併せて、今から10年後、2025年には人口が賀茂全域で57,920人、下田市20,000人、南伊豆7,570人、東伊豆11,090人、河津6,530人、松崎5,950人、西伊豆6,780人想定。 挙句、たとえば下田市2040年15,100人 賀茂全域で43,350人。人口が減る事の内閣府数字から、そこへ、本当に市庁舎の新規建設が必要だろうか? その前に なにを どうするか こっちの議論が大切ではなかろうか?といった見方もあるのではと思いますね。と本番組表で述べさせていただきました。 これは今当地で起きている議論や現象とはまったく違います。下田市では今署名運動から始まって市庁舎問題が一人大きくクローズアップされて 賛成反対言う言わない 聞く聞かない 穏やかならぬ、すれ違いが続いています。 今、国では大判振る舞いは出来ません。沈没しないためにも政府は西アジアの国々へ総理を筆頭に経済界揃って営業活動に行っていますね(安倍晋三首相が22日からカザフスタンなど中央アジア5カ国を訪問するのにあわせ、商社やプラントメーカーなど50の企業・団体が同行する。豊富な資源などを念頭に、トップセールスで積極的な経済外交を進めています。何兆円単位の商談でしょう。) また まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」と「総合戦略」では 今年から2019年度まで5年間 新型交付金を本格実施するとしています。 三本の柱は情報支援、財政支援、人的支援 具体的事例でいえば六次産業市場6兆円作り就業者5万人、外国人旅行者3兆円使わせ就業者8万人、地方移住年間11,000件斡旋、地方大学活性化自県進学36%(2013年32.9%)それに若い世代経済安定・出産子育て支援・男性育児等、加えてコンパクトシティと周辺ネットワーク形成。 などなどうたわれていますが、すべて一律に全国バラマキは有りません。県や市町が考え責任もって提言、提案して実行することになっています。 一例を挙げますと目に見えてきた伊豆縦貫道ですが、具体的計画を、具体的進捗を、行政当局や議員さんはじめ業界代表の方々は何度政府との要望や詰めの確認をされてこられた事でしょう、みんなが一枚岩となって進んでいかなければ全国各地域が人口減少を食い止めるために、地元の町の保持と維持継続の為に汗と知恵を絞り合い日夜行動している時に! とても心配になります。 話題を転じますと 10月松崎町ではひかりケーブル敷設がはじまりました、勿論、私どもではケーブルテレビの有線を敷いて居りません、でも凄い進化の時代です、放送と通信が一体化してひかりケーブルに私どもの映像音声データを載せて線の敷かれていない松崎町の方にテレビ見てもらえる仕組みが出来て来つつあるところです。そのため一つ二つと松崎町番組の収録を始めたり、設備どうあるべきかの研究を開始しています。現在下田市&南伊豆町40%しか送信して居りませんが、この方式が確立されますと映像のデータ量は大きいものの「光ケーブル」に乗せて送り出してご覧いただけるようになる時代です。 こういう時代です 機器の垣根がなくなりまして スマートフォンのアプリケーションに「ウエルかも」を登場させました。1市5町の天気・雨量15か所については10分雨量に時間雨量+累計雨量・河川8か所の水位情報、海洋気象情報は7か所の近郊灯台の風向き・風速を、定点カメラは天城南15か所の道路、5か所の海、等の情報をお送りして(テレビのデータ放送も連動しています。)外にいても、遠くにいても、またテレビを見ていなくても判る仕組みも出来ました。元データを国・県・市町の機関が観測・調査して下さり、連動してお茶の間や出先にテレビ・スマホで、お伝えできる時代となりました。 少ない人数での進行でありますので今後ますます皆様方のご指導とご支援を宜しくお願い申し上げます。 平成27年11月1日 社長 渡辺良平

Read More