Home > 下田・伊豆グルメ

下田めし

9月初旬にオープンした「下田めし」渡辺さん 東京で深川めし数十年のプロ 下田街中・大横丁で 角の「たるやさん」筋向い、「牛吉」向かい、昼ごはん のサザエ飯880円は安すぎだよ!!と言いながら では 片っ端から食べるかあと4人で・・・ 下田めしは当地のさざえや海鮮+肉+野菜 綺麗好きの店主 お店は清潔そのもの空間 出たア BEERしか飲まない小生、仲間につられてお茶割り まぐろのすき身も、なんでも旨い ぶらり散歩で足休めで 下田は豊かだ コロナに負けないためにも歩こう 歩こう の大休息でした お御馳走様の巻

Read More

ちらし丼

30日弓ヶ浜 伊豆の南は 美しい 三密もない穏やかな海で 都会の人に住むならここだ ともっと宣伝しよう、弓ヶ浜手前・元湊病院向かいにある 「斎」さんの「ちらし丼」こぼれんばかりの具は新しくて 活きが良く調理上手なご主人に感謝感謝の有難うの昼でした

Read More

カレーを食べる

10月27日白浜バーベキューガーデン「インドカレー」肉と魚がない??聞けばインド中央南部は野菜の宝庫ゆえ・・と。 台風の去った爪痕が残るものの正面「伊豆大島」を穏やかな海と、それにしても若い人たち”いっぱい”末期高齢者4人が平均年齢を押し上げました。

Read More

新酒試飲会

4月13日下田駅前フロント二階にて、下田黎明の新酒試飲会。しずおか地酒研究会主宰コピーライターの鈴木真弓さんと西暦2000年伊豆新世紀創造祭に「きんめ物語」をスタートさせて今のキンメブームが出来上がり、併せて地元の酒を作ろうと下田黎明を立ち上げた楠山さんの絡みが入り当時県内に35の酒蔵があり、内15の酒蔵が下田に見えた10月1日、お酒解説と飲みまわった当時のお話、18期の下田黎明に良くぞ続いたと激励と賛歌、立ち上がりからご飯米きぬひかりで安定供給の米作り土屋明さんはあと10年やるぞーと元気、そのはず多忙の中を土屋副知事ご挨拶、このお米・田植え参加も戴いた。新任の山口賀茂地域局長にも元気を御提供できた夜でしたが今農業従事者175万人、10年で100万人減った。細くても永く続く事を願うばかりである。

Read More

沖あがり食堂

西伊豆町仁科漁協の沖あがり食堂 週末休日調理場には 山本組合長のお姿が・・サバの切り身が入った汁は調理担当が組合長、11時開店なのに11時半にはもう行列。ここで元気に働こう!!と背中を押されて頑張れます。モチロン戴いたものは「いかさま丼」 進化発展途上 メニューが増えました!!!

Read More