Home > slide > ニューポート黒船祭随行 3

ニューポート黒船祭随行 3

昨日 式典が行われた公園で 今日は日本文化のワークショップ 和凧作り、折り紙 筆でのお習字 3コースに分かれて4ブロック 2時間半の全員作業でした
 良かった 最後 凧の竹ヒゴ 在庫が無くなり試合終了 続々見える方々 最後は見本の凧をどうにか譲れ!と 楠山市長は余った1本の竹ヒゴを短く切ってミニ凧を、折り紙班は鶴に兜に風船に・・・ 楠山市長の奥さんは孤軍奮闘 お習字の先生全員が立ち止まることのない 大忙しのワークショップでした。
CIMG0724CIMG0728CIMG0734CIMG0737CIMG0739CIMG0741CIMG0746


Marble Houseでの晩餐会 タキシードにワンピース
海が見えて 庭が広くて 石造りの3階建て?4階建て?こんな邸宅も沢山ある しかし26000人と聞く。
この頃には時間も現地馴染 18日 18:30~22:00
2015-07-19 02.32.312015-07-19 07.32.572015-07-19 08.18.042015-07-19 09.07.07


いよいよ公式行事も最終コース ニューポートでのペリーさんの墓前祭
提督の墓地後ろの教会は今年、周りの蔦や樹木を伐採して整備したそうです
本邦初公開ということ。でした
CIMG0783CIMG0786CIMG0788CIMG0798CIMG0799


ワイナリーでのさよならパーティー 
皆がお料理を持ち寄ってのパーティー
我々日本チームは お寿司の予定がお米が現地米でまとまらない
 やむを得ず 漬けのチラシに サーモンとまぐろの赤チーム アボガド等野菜の青チーム 人気良く無事 売り切れ
この頃にはホームステイの中学生すっかりなじんで仲良くキャッチボール でも明日は帰国だ。
DSC_2915DSC_2916DSC_2925


いよいよ明日は帰国 海鮮料理を戴きながら・・・・・
 毎日フェイスブックに入力をして、会社からの日報に目を通して、用事はmailのやり取りで 電話はラインでタダ 見る聞く話すの全部が高齢者でも簡単にできる時代になったことを実感した
 Wifiのルーターを借りて行き、空気中に有る電波を捕まえてまるで下田に居るような感覚で・・
 戻ったら パソコン スピードでない。 スマホようやく。放送通信の置いてけぼり地域で さあ 何から どうするかが問われます。
CIMG0803CIMG0809CIMG0810CIMG0812


シカゴ経由のユナイテッド航空 席の全部にテレビがついてる訳でなし、通路のみ。漫画の画面通訳文字は中国語。 それで成田行き。
昔は移民のほとんどの受け入れがニューヨーク、多い時には1500万人とか・・ニューヨーク800万人今日本人8万人、うち5万人は出向社員で2~3年交代。韓国人30万人、中国人50万人とのこと。
 内向き日本はどうなるか、気になるところでした。(完)
DSC_2943DSC_2944DSC_2947