Home > 社長コラム > 感染拡大のコロナ下ですが沈静に向けて頑張りましょう

感染拡大のコロナ下ですが沈静に向けて頑張りましょう

先月も原稿仕上がり提出が24日、今月も原稿作成日は8月24日です。(皆様のお手元
に届くときには状況変化も激しいため、作成日をお伝えした次第です。)
先月原稿作成時点では「こんな穏やかな町でコロナウイルスのクラスター。」が発生
山や川、里や海、温暖で自然豊かな面積600K㎡(ほぼ東京23区の面積と同じ)の地域に
降って湧いたコロナ蔓延まさか?のことゆえ小生のコラム欄ピンボケの用心不足に受け取
られてはいないかと心配しました。
下田を中心にした賀茂地域一市五町の人口は今や(7月1日時点)58,612人。31年前の
平成2年のバブル期89,080人から、約3万人減少。(静岡県の人口は現在361万人同じ31年
前から6万人減少、すると県内人口の減少6万人の半分は賀茂地域という事???。) でも
この穏やかな気候と人情の中で全国ではコロナ爆発ですが穏やかに沈静化しているのは
何よりの証拠ではないでしょうか。秋に向かい冬を迎えるにあたって移さない移されない
を徹底して一日も早く子供達がマスクを外して安心安全な毎日を早く迎えることが出来る
ようにひたすら願うばかりです。自己免疫を高めて、お互い頑張りましょう。 下田市では
下田モデルのウイズコロナは9月12日までは非常事態での辛抱我慢をお願いしているが「県と学識者と打ち合わせて、おもてなし・観光業復活を図りコロナ共存の長期戦を視野にこれからの方向を検討する。」と力強い市長のお話(7/25番組収録)もありました。
白浜の不法営業対策に道筋を付けて下さった官民一体の行動に、さあ次はコロナ対策期待。
さて私共ではスマホの取り扱いさせて戴いておりますが使い勝手が便利になるに従って取り扱いも複雑に、利用料金も複雑になる一方で御利用くださるお客様も混乱が生じ
大変ですが伊東や東伊豆・西伊豆からも遠路をいとわずお越しいただくようになって参り
ました、有り難う御座います。これからもスマホの駆け込み寺として一層の精進を努めます
ので宜しく御ひいきの程お願い申し上げます。

 9月1日 渡辺良平