Home > slide > あっという間の草畑

あっという間の草畑

つる首かぼちゃが予定よりも延びてこない そのため我が物顔に草がはびこる。
かぼちゃを責めるわけにもゆかず ひたすら草取りに励む一日となっった
両手の親指、人差し指はすでにつってしまい作業もままならない、騙し騙しの
一日作業 仕上げの耕運機登場までは 私の作業癖 常に草を抜いた方に向いて
懸命(生えている方が見えると・・未だある、まだあると絶望感、抜いたほうを見ては
終わった終わった、綺麗だ綺麗だ。・・短絡的発想)
欲目かどうか草を取ると生育良く野菜は育つ 単なる気の持ちようかも 根拠なし。
2014-10-18 11.13.222014-10-18 11.59.112014-10-18 15.29.422014-10-18 15.30.462014-10-18 15.31.03