Home > 下田・伊豆グルメ (Page 6)

下田「上の山亭」PR

親父さんと女将さんで始めたお店は 今御子息たちが先頭に立ち  でも親父さんのお仕事を全部取り上げちゃうと 暇を持て余しても いけないので・・なんて心配するほど 跡取り衆がテキパキ 何よりは 和食から中華 判り易く言えば お刺身天婦羅から 餃子ラーメンまで ラーメンには伊勢えびの載った伊勢えびラーメン。  私ども、子供たち、孫たちと年齢階層が広がっても問題なし。 何よりはおいしい事です、そのはず 前に海を控えている。

Read More

松崎・桜並木沿い「梅月」

もう一軒 忘れてはいけない さくら餅「梅月」 下田・バサラ峠に向かう道沿いのある「梅月」 桜の葉でつつんだお餅、桜葉もろとも口に入れる・・・ なんとも香しい 良い匂い 歯触り これも素晴らしい 松崎の香りです。お店の周りは 花盛りだった田んぼが 田植えの準備で「残ったお花を摘み放題・無料」 田んぼを持ってる農家のみんながお花を植えて 街道沿いの桜並木のソメイヨシノが咲くころに合わせて 田んぼ一面 満艦飾 これは必見です お餅をほお張りながら 帰路につきました。

Read More

町内の魚屋 小川屋魚店さん

下田は三面海で西が吹いてお魚の開きはお手のもの それにしても 綺麗に捌いてすごいものです。  いつもの通勤道で慣れ親しんだ光景ですがだんだん手作業から おさらばして真空パックの品物に占領され ・・・ そうです昔は新聞紙に包んで 新聞紙も立派な包装紙でした。  懐かしい匂いのする下田です。

Read More

下田駅前「フロント」のそば

親友のナベちゃん・ぶるさんが世話を焼いてる駅前のお店 さあ この天ぷらそばの葉っぱは何者でしょうか????? ななんと わさびの葉っぱ 結果わさびって根から茎から 葉っぱから捨てるものは無い。  でも揚げ方上手でパリパリ感がとても良いです 当店はあんみつの小豆も北海道から吟味して仕入れて 茹でて仕上げるのも自前!!すべてが吟味  ぶるさんがんばってます。

Read More

下田地酒「黎明」の広報紙発行

下田地酒これを自分の自で自酒と書く、下田は風が強いので腰の高い山田錦では倒れてしまう。おコメの生産者 土屋明さんはどうにか「ご飯米のキヌヒカリ」でお酒にならないか?と 醸造元が田んぼに来て「土を舐めてこの土ならば!」と挑戦 ここまで10数年継続の「会員酒」広く皆にも広げましょうとこのたび広報誌を製作した次第。進士栄治さんが編集長になり「マメマメしく動かれて大変立派な広報誌」が出来上がりました。会員の募集とお酒の販売は来年の分からで、すでに今年の分は売約済み、「下田は景気が良いじゃん?」なんて誤解をされてはいけない、なにせ今年度4合瓶で3,000本。来年は会員も本数も3倍と関係者の鼻息は荒く「事務局は悩ましい。」

Read More

ふきのとう天婦羅

こんな贅沢が許されて良いのかなあ?ふきのとうの天婦羅です だいたいふきのとうを見るのも早すぎない? こんなにたくさん 海から山から 幸の塊のような当地 賀茂地域 住んでる人は ほんと 当たり前 お魚では、あんなにおいしい「かわはぎ」でも お前が釣れると本命が釣れない、とんでもないと捨ててきた!!とか 平気で訳のわからない話が飛び交う。そのたびによそではこうですと 説明する羽目に・・・ でも幸せですよね。

Read More